星川駅

星川駅の画像

相鉄線が神中鉄道として開業した当時は「北程ヶ谷駅」と呼ばれていました。

以前は駅構内に留置線(電車を停めておく車庫のような線路)がありましたが、周辺道路の渋滞解消のための高架化工事に伴い留置線は西横浜駅に移転しました。

星川駅は、駅のすぐ目の前に保土ヶ谷区役所や図書館などがあるのが特徴です。その他にも消防署や警察署も近くにあり、北口側は官公庁街といった雰囲気があります。

商業施設も多く、歩いてすぐのところにホームセンターコーナンやイオン等があり、生活するのにとても便利な街となっています。

 

当駅には各駅停車の他、快速も停車します。