南万騎が原駅

南万騎が原駅の画像

昭和51年、いずみ野線の開通と同時に開業した駅の一つです。

ニュータウンとして開発されたため、駅周辺の雰囲気はとても落ち着いた住宅街となっています。そのためか背の高い建物は非常に少なく、一戸建てを中心とした街並みが広がっている地域です。

 

駅前広場は「南万騎が原駅周辺リノベーションプロジェクト」として再整備され、そうてつローゼンをはじめ各商業施設が揃っています。また、駅の近くには「横浜地方法務局旭出張所」もあります。

 

こども自然公園(通称:大池公園)は、当駅が最寄り駅となっています。