緑園都市駅

緑園都市駅の画像

昭和51年、いずみ野線の開通と同時に開業した駅の一つです。

開業当初は、お世辞にも開発が順調に進んでいるとは言い難い雰囲気でしたが、その後は駅前の高層マンション「サン・ステージ緑園都市(西の街・東の街)」の完成やフェリス女学院大学の誘致等によって街並みが一変。現在では、いずみ野線沿線の中でも特に人気の高い駅となりました。

 

いずみ野線沿線全体に言えることですが、いずみ野線の開業と同時に開発が進められたニュータウンとなっており、駅周辺の商業施設以外は住宅地としての景色が広がっています。

駅名の由来の通り、「緑あふれる快適な街」という表現がよく似合う街です。