横浜駅

横浜駅の画像

言わずと知れた、日本でも有数のターミナル駅です。

相鉄線の他にはJR東海道線、JR横須賀線、JR京浜東北・根岸線、東急東横線、京浜急行線、みなとみらい線、横浜市営地下鉄線が乗り入れており、年間乗降客数は世界第5位(1位:新宿駅、2位:渋谷駅、3位:池袋駅、4位:大阪・梅田駅)を誇ります。

駅周辺には多数の商業施設が集まり、オフィス等も集中しているため、平日・休日を問わず非常に多くの人が行き来しています。

 

じつは、現在の横浜駅は「三代目」ということをご存知でしょうか?

日本で初めての鉄道は、1872年(明治5年)に新橋~横浜間で開通したというのは有名な話ですが、その当時の横浜駅は現在の「桜木町駅」の場所でした。横浜駅が二代目の場所に移転するのに伴い、初代横浜駅は桜木町駅へと名称を変更したのです。

二代目横浜駅は、現在の国道1号線「高島町」交差点付近に存在していました。今でも交差点脇に当時の駅舎基礎部分の遺構が残されています。

そして1915年(大正4年)に、現在の場所に移設されることになります。相鉄線の前身、神中鉄道が開業したのが大正6年なので、相鉄線が横浜駅まで開通した時には、すでに横浜駅は現在の場所にあったということになります。

 

また、年がら年中駅のどこかが工事中で、その完成が見えてこないことから「日本のサグラダファミリア」と呼ばれたりもします。