ゆめが丘駅

ゆめが丘駅

いずみ中央駅開業から遅れること9年、1999年(平成11年)に湘南台駅とともに開業しました。

数年前まで駅周辺地域が「市街化調整区域」に指定されていたため、駅周辺の開発は遅れています。しかし、2014年に市街化区域への編入等の都市計画決定が行われ、今後は当駅周辺においても開発が進んでいくものと見込まれます。

横浜市営地下鉄ブルーラインの「下飯田駅」がすぐ隣にあり、相鉄でも当駅開業前の仮称は「下飯田駅」としていましたが、「今後の夢を抱ける街」となることを願って「ゆめが丘」と名付けられました。

 

駅周辺はまだまだ淋しい感じですが、駅自体は非常に特徴のある外観をしているためか撮影等に利用されることも多く、過去にもさまざまなCMのロケ地としてテレビ画面にも登場しています。